懐かしきMSX時代


ホーム > 作者のページ > 懐かしきMSX時代

小学生の時にはじめてパソコンを知ったときから、プログラミングに熱中したこと、雑誌に採用されたことなど、懐かしいMSX時代を回想します。


出会い

私が初めてマイコン(パソコン)というものを知ったのは、小学4年か5年生の時でした。

父親が買ってきた「こんにちはマイコン」という本を読み、マイコンとは何かということから、コンピュータのしくみ、将来はコンピュータ社会になることなどを、その本で初めて知ったのです。

この本には10年後(つまり現在)の生活についての記述もあり、電子新聞や電子郵便、在宅勤務、学校でのパソコン教育などが予想されていました。それらは徐々に現実化しつつあります。

こんにちはマイコン(小学館・渡辺茂監修・すがやみつる著)→

はじめてのパソコン

小学5年生の夏休み(1985年7月)、念願のパソコンを買ってもらいました。パナソニックのMSXパソコン、FS-4000という機種で、プリンタとワープロソフトが内蔵され、キングコングという愛称がついていました。内蔵プリンタは16ドット、ワープロの漢字変換も単漢字変換のみと、今となっては信じられない仕様ですが、当時としてはめずらしく、家族の年賀状もこれで作成したのです。

MSXワープロパソコン FS-4000→

はじめてのプログラム

パソコンを買ってからは、雑誌などに載っているBASICのプログラムリストを毎日打ち込んでいました。プログラムリストを打ち込むことで、プログラムの仕組みがだんだんと分かるようになってきました。

そして、その年の冬から翌年(1986年1月)、はじめて私はオリジナルのプログラムを完成させました。それは「あちこちUFO」というシューティングゲームで、画面上をあちこち動いているUFOを時間内にいくつ打ち落とせるかという、つまらないものです。

処女作「あちこちUFO」→

プログラミングの日々

それからというもの、私はプログラミングに夢中になりました。作成したプログラムは、カセットテープに「ピーウガウガウガ」と保存して、友達と交換したりもしました。

記憶装置はフロッピーディスクへ、パソコンはMSX2から2+、turboRへ、自分自身も小学生から中学生、高校生へと進化する中、私は毎日プログラムを作っていました。作ったプログラムも、各種ゲームからワープロ、CGツール、ディスクマガジンなどあらゆるジャンルに及びます。


雑誌に初採用

高校2年(1991年)の夏、1通の速達が届きました。それは、徳間書店の雑誌「MSX・FAN」のAVフォーラムコーナーに、プログラムが採用されるというものでした。私は飛び上がって喜び、掲載紙が発売されるのを心待ちにしたのでした。

「MSX・FAN」はMSXパソコンの専門誌で、クリエイト系の記事が充実していました。中でもファンダムコーナーは、優秀なプログラムをカラー写真つきで市販ソフト並に紹介し、プログラムリストを読者が打ち込むというもので、そこに採用されるのが私の目標でした。

MSX・FAN 1991年9月号 AVフォーラム採用 「扇風機」→

ファンダム初採用と奨励賞

そして、その年の秋、念願のファンダムの採用通知が届きました。採用されたのは「ロイヤルナインゴルフクラブ」という3Dゴルフゲームです。この作品で私は、MSX・FAN誌より第17回季間奨励賞を受賞したのでした(1992年4月号)。

第17回季間奨励賞受賞作品  
MSX・FAN 1992年1月号 ファンダム採用 「ロイヤルナインゴルフクラブ」→

Mファンの常連となる

それ以来、次々と私の作品がMSX・FAN誌に採用されるようになりました。最終的には、ファンダムに8作品、AVフォーラムに5作品、CGコンテストに3作品採用されたことになります。




MSX・FAN 1992年1月号
CGコンテスト採用 「K-KUN」
MSX・FAN 1992年5月号
ファンダム採用 「TRIANS」
MSX・FAN 1992年5月号
CGコンテスト採用 「盛夏」



MSX・FAN 1992年7月号
ファンダム採用 「CROSS25」
MSX・FAN 1992年7月号
AVフォーラム採用 「アリの行列」
MSX・FAN 1992年7月号
AVフォーラム採用 「TIMの封筒」



MSX・FAN 1992年8月号
ファンダム採用 「CG-7」
MSX・FAN 1992年9月号
ファンダム採用 「SLANT」
MSX・FAN 1992年12月号
ファンダム採用 「BENDBENT」



MSX・FAN 1992年12月号
AVフォーラム採用 「ちきゅう」
MSX・FAN 1993年6-7月号
ファンダム採用 「RECTANS」
MSX・FAN 1993年10-11月号
AVフォーラム採用 「花火大会」


MSX・FAN 1993年10-11月号
CGコンテスト採用 「雨あがり」
MSX・FAN 1993年12-1月号
ファンダム採用 「星彩」

Mファンの廃刊とともに

最後にファンダムに採用された「星彩」以来、私はMSXでプログラムをあまり作らなくなり、だんだんとPC-98、Windowsへと移行していきました。そして、1995年8月号をもってMSX・FAN誌は廃刊となりました。

MSXは衰退し、ほとんど使うこともなくなりましたが、それまでの経験や技術は今に引き継がれています。